漫画は立ち読みで中身を味見しましょう

漫画は自分の好みを最大限、押し出してチョイスすべきです。

いわゆる教科書や専門書の場合、好き嫌いよりも実用性を優先しなければいけません。


好きな専門家の本でも、今の自分に役に立たなければ意味がありません。

反対に自分好みでない著者の本だったとしても、そこに欲しいスキルやハウツーが明記されているなら、高いお金を出してでもゲットすべきです。
賢い読者にはそういった貪欲さと、ある意味での強かさが必要です。
一方、漫画については本当に自由です。

本当の漫画の立ち読みの情報を要約した情報サイトです。

ベストセラー作品だから買わなければいけない、という事はありません。

また反対にマイナーの漫画だから退屈、絵が下手という事はありません。


むしろ近年では、マイナー誌の作品の方がレベルが高いとも言われています。経験豊富なベテラン、あるいは独創的な発想を持つ若手は大手ではなく、あえてマイナー誌で連載を持つ時代です。

ただ、人気少年漫画雑誌に掲載されている作品であれば、店頭で衝動買いしても失敗は少なくですが、ヤング系の雑誌は玉石混交な事が多く、前もって立ち読みで中身を吟味したいところです。
立ち読みをすれば自分好みの作風が分かります。

マイナー誌の場合、地方の書店には書籍自体がそもそも無い事があります。



大手の書店に行きましょう。

駅に隣接された大手書店やショッピングモールに設けられた書店であれば、立ち読みも自由ですし、マイナー誌も置いてあります。
漫画は好みで選ぶ物、だからこそ立ち読みで中身や作風を確認し、衝動買いは避けましょう。



基本知識

名作文学の中には、主人公が独白という形である主題について語り続ける作品があります。このような作品は文字として読むことはできますが、イマジネーションを掻き立てるほどの動きのある作品ではありません。...

more

意外な真実

まんがで読破シリーズは日頃触れることがない文学作品を、わかりやすい漫画で気軽に読むことができます。日本の文学作品は海外でも有名なものが多く、多くの作品が諸外国で出版されています。...

more

社会コラム

まんがで読破は、有名文学をまんが化したシリーズで、活字が苦手な方であっても、まんがであることで、楽しく読破することができます。まんがとして絵が加わることで、視覚的にもイメージを広げながら、より深く物語に没入し、テンポ良く読み進めることができます。...

more

社会関係の真実

活字を読むよりも、まんがで読む方が、わかりやすいです。特に長編の書物は、まんがで読破する方が良いです。...

more